AYANOを置くだけで完成する、憧れのおしゃれ空間

AYANOを置くだけで完成する、憧れのおしゃれ空間 サムネイル画像

引っ越しや新築の完成などで新しい住空間を⼿に⼊れたとき、最もワクワクして、そして最も頭を悩ませるのが、インテリアコーディネート。「おしゃれな空間にしたいけれど、どうコーディネートすればよいかわからない」そんなお悩みをお持ちの⽅は、AYANOにお任せ。AYANOの家具を選べば、置くだけで簡単に憧れのおしゃれな空間が⼿に⼊ってしまいます。


置くだけでLDKを美しくする家具

今回ご紹介するのは、⾼いデザイン性とさまざまな住空間に対応できるカテゴリ&アイテム構成が魅⼒の「アリシア(R)シリーズ」、焼き物本来の質感が特徴のセラミックダイニングテーブル「ネオス(N)シリーズ」。これらのシリーズはどちらもデザイン性と機能性に優れており、置くだけで住空間が美しく整います。また、組み合わせても相性バツグン。「デザイン性が⾼い家具が⾒つからない」「おしゃれなインテリアで空間をコーディネートしたい」「見た目も重要だけど機能性も妥協したくない」けど「そこまでこだわれるノウハウや調べる時間がない!」といったお悩みをお持ちの⽅にぴったりのシリーズです。
今回は実際の一戸建て住宅に2つのシリーズを配置したトータルコーディネート例とその特徴をご紹介します。

R+N_zumen-1

R+N_KDshoumen

空間にこなれた印象をもたらすトレンドカラーを採用

「アリシア」は、洗練された印象の「テノールオーク」と「ヨーロピアンウォールナット」の 2 ⾊展開。今回使⽤した「テノールオーク」は、明るさと落ち着きをあわせ持ち、ほどよいくすみがこなれ感を演出します。面積が大きく空間の雰囲気を決定づけるダイニングテーブルの天板にライトグレイッシュの「ザハストーン」を選べば、「アリシア」で使われているトレンドカラーとベストマッチ!明るいながらも落ち着いた大人の雰囲気で、洗練された空間に仕上がります。

最先端の“異素材ミックス“のコーディネート

海外のインテリアでトレンドなのが異素材を組み合わせたインテリアコーディネート。アリシアの「オークの木目」「ハーフミラーのガラス」「シャープなブラックアルミフレーム」に、ネオスの「セラミック」と、一見バラバラに見える素材感のものを絶妙なバランスで融合させることで、空間をグッとセンスアップすることができます。

*空間に広がりをもたらすハーフミラーガラス
空間を広く⾒せるための⼯夫として、ハーフミラーガラスを採⽤。適度な写り込みがあることで、空間に奥⾏きが⽣まれます。

*シャープなデザインのブラックアルミフレーム
ガラス枠には空間を引き締める効果のあるブラックフレームを採用。アルミフレームはAYANOの特注品で、スタイリッシュさと強度を両⽴させるために試⾏錯誤を繰り返して完成させました。

*リッチな質感のセラミック天板
空間の雰囲気を⼤きく左右させるダイニングテーブル。「ネオス」の天板には1250度で焼き上げた本物の焼き物を採用しているので、⾵合い豊かでより上質な雰囲気を味わうことができます。セラミック天板は、全6⾊。今回は「ザハストーン」を選んでいますが、ダーク系やホワイト系をチョイスすることもできます。


R+N_Dshoumen


見た目だけではない納得の使い勝手

憧れのおしゃれな空間を求めると、どうしても使い勝手や収納力が疎かになりがちです。しかし、AYANOのキャビネットは好きなアイテムを組み合わせてカタチを作るユニット式なので、自分好みの使い方を実現したり、空間を無駄なく使うことができ、日々の生活も快適になります。


R+N_sofadesk

テレワークやリビング学習にも対応

デスクタイプのユニットを選べば簡易的なデスクとして使用することもできます。おしゃれな空間を演出しながらも、テレワークやリビング学習に対応することができます。天板の奥行は深すぎず浅すぎない35cmを採用しているので、ソファの裏などに配置することも可能。
実はこちらの天板にはレザー調の素材が使われており、 置くだけで空間にやさしい雰囲気がプラスされています。ダイニングキッチンのコーディネートもそうでしたが、昨今のトレンドである「異素材ミックス」をさりげなく取り⼊れるのも、ワンランク上の空間に仕上げるためのテクニックです。


R+N_dyson

スティッククリーナーも隠して収納できる

こちらは、スティッククリーナーを収納できるサイドボックス付きのトールキャビネット。サイドボックスは1cm刻みで幅を選択してオーダーできるので、収納するものや設置スペースに合わせることで、デッドスペースをつくらず空間を無駄なく活用することができます。


R+N_jouki

熱、傷、汚れに強いダイニングテーブル

見た目が気に入ったダイニングテーブルを購入したとしても、傷や汚れを気にしながら毎日の食卓を使うのはストレスになります。セラミック天板なら、見た目だけではなく、耐久性にも優れています。他の天板素材よりも硬度が⾼く、⾮常に傷がつきにくいのが特⻑です。フォークやナイフでひっかいても傷がつかず、まな板を敷かずに包丁を使うことも可能。⽔分の吸収率がほぼ0%なので、油や調味料が染み込みにくく、お⼿⼊れは軽く拭くだけでOKです。お⼦さんがいるご家庭でも安⼼して使えます 。さらには⾼い耐熱性も兼ね備えており、⾼温の耐熱⽫や鍋、ケトルを直接置いても変形や変⾊が起こりません。忙しい朝に重宝しそうです。


家族が安心できる空間に

見た目や使い勝手の他に、安心安全であることも家具の重要な要素のひとつです。AYANOの家具は、家族が安心して生活できるように目に見えないところにまでこだわってつくっています。

安心できる素材でつくられた家具

家族が過ごす空間で⻑く使うものだからこそ、デザイン性だけではなく安全性も追及したいもの。AYANOの家具は、⼈と環境に優しい素材(F☆☆☆☆)を厳選してつくっています。
セラミック天板も100%天然素材でつくられているので、食べ物を直に置いても問題のない、安心の素材です。

地震対策もしっかりと

開き戸には地震による揺れを感知すると、⾃動的に扉をロックする耐震機能がついています。また、食器棚の上置にはAYANO独自の「耐震パネル」を搭載しているので、見た目もスッキリしながらもしっかりと地震対策ができます。
※開き戸の耐震機能は設置状態、収納状況、建物の構造・階層により性能を⼗分に発揮しない場合があります

安心の3年保証制度

万が一、家具に不具合や故障があった際にご安心いただけるように3年保証を設けております。
本当にいい家具を、安心して、末永く使って欲しいAYANOの思いをカタチにしています。

まとめ

置くだけで空間を洗練させる、AYANO の家具。⻑年、LDKの各カテゴリで新しい価値を提案してきた AYANO だからこそ培うことができた審美眼で、最新のインテリアトレンドを発信しています。お部屋のコーディネートに困ったときは、最先端のデザインとカラーを取り⼊れた「アリシア」と、質感が美しく⾊展開も豊富な「ネオス」を組み合わせるだけで、誰でも簡単に、見た目も使い勝手もこだわったおしゃれな空間を⼿に⼊れることができますよ。

本コラムに掲載の「アリシア(R)シリーズ」と「ネオス(N)シリーズ」を検討してみたい、という方には、ダウンロードできるデジタルカタログもご用意があります。こちらもご活用ください。

 

 

COLUMN一覧へ戻る