マンションにもぴったり!80〜120cm幅の食器棚カタログ

マンションにもぴったり!80〜120cm幅の食器棚カタログ サムネイル画像

快適なキッチンライフを送るために、ぜひチェックしていただきたいことがあります。それはずばり、食器棚の幅。ご自宅に最適のサイズを選べばキッチンがすっきりと整い、おうち時間がより楽しくなるはずです。

AYANOの食器棚はユニット式なので、さまざまなサイズや仕様を幅広く揃えています。今回は、マンションや狭めのキッチンにぴったりの、コンパクトな幅の食器棚をご紹介しましょう。食器だけでなく、家電やストック用の食材など、キッチンに必要なものをひととおり収納できる、120cm幅の食器棚一覧です。さらに、80㎝、100㎝の組み合わせもご紹介します。

まずは、120㎝幅の一例をシリーズごとにご紹介します。

【PS プロージット】最高峰の機能とデザインの、ハイグレードシリーズ

使い心地を突き詰めた最新鋭の引出し「アーキテック」をはじめ、高機能が結集。セラミック天板と相性のよい品格高い色味や、高品質のキャビネットなど、ハイグレードな機能とデザインがワンランク上の暮らしを実現します。

120_ps_01 ▲コンパクトでありながら、空間を格上げしてくれる高品質シリーズ。使用頻度の高い引出しは、シルクのようになめらかな動きが特長。優れた機能に心奪われます。

【LX ラクシア】機能性と多様性を備えたハイカウンターシリーズ

引き戸の引手などに美しい曲線のアルミフレームを採用し、上品な印象を漂わせるシリーズ。下キャビネットがハイカウンターのため、キッチン家電の使い勝手がよく、料理の効率を高めてくれます。選択できるアイテムも豊富で、理想のキッチンライフを手に入れられます。

120_lx_01▲必要な家電を収納でき、さらにハイカウンターのためレンジの使い勝手が抜群。家事がスムーズに進められます。

【CX クラスト】サイズバリエーション豊富なミドルカウンターシリーズ

デザイン性と機能性に優れたミドルカウンターシリーズ。収納力の高い引き戸キャビネットや上品なアルミコートバックボード、さらにマグネット対応のホワイトボード扉など、暮らしを楽しむ機能が満載です。

shiro_cx02▲カウンターが低めで、小柄なかたが作業しやすいタイプ。引出しの中にダストボックスを内蔵しているので、キッチン空間もスッキリ!

【I カンビア】あらゆる空間にフィットするフレキシブルシリーズ

上下のキャビネットそれぞれの高さを選べるシリーズ。奥行も2種類から選べます。シルエットや機能性を追求し、不要なものを排除したミニマルなスタイルも魅力的。シンプルイズベストの直線的なフォルムは、どんなスタイルのキッチンにも馴染みます。

120_i_01-1▲どんなタイプのキッチンにも馴染む、すっきりとした美しいデザイン。高さや奥行のサイズは選択可能なので、ご自身に最適の使い勝手を実現できます。
また、ガラスの引き戸を板扉に変更することも可能です。

***

さらに、幅がもっと狭い食器棚をお探しの場合は、80~100㎝幅のタイプも。ただ単に食器を収納するのではなく、家電やゴミ箱の置き場を設けたり、作業スペースを確保するなど、AYANOであればさまざまなユニットでの組み合わせをご提案できます。使い勝手に合わせて、3タイプの例をシミュレーター画像でご紹介しましょう。

ちなみにこのシミュレーター画像は、AYANOショールームなどで体験していただけます。下記以外の組み合わせも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。→AYANOショールーム予約サイト

設置可能幅が80cmしかないけど、食器も家電もゴミ箱も収納したい場合

2203set80cm▲下キャビネットのスライドテーブル部分には、炊飯器とポットを。その下には、オプションでダストボックスワゴンを設置できます。また、上キャビネットの食器棚は開き戸タイプで、両扉を開いて中を見渡せるので便利です。80cm幅でも食器・電子レンジ・炊飯器・ゴミ箱・4段引出しを盛り込んだプラン

※組み合わせ例:LX-80F、LX-40BG/LX-40DH

設置可能幅は100cm。でも、作業用スペースを多く取りたい場合

2203set100cm-1

▲左下のキャビネットには、普段は収納しておけるスライドテーブルが付いています。隣のユニットに炊飯器を置いて、ご飯をよそうときはスライドテーブルを引き出してお茶碗を置くなど、料理や食器の仮置き場として使えて便利です。

※組み合わせ例:AX-100FS、AX-60CK/AX-40G

設置可能幅は120cmだけど、食品庫もほしい場合

2203set120cm-1▲ある程度の作業スペースを確保しつつ、できるだけ多くの食材を収納したいというかたには、庫内を隠せる板扉タイプのキャビネットがおすすめです。ドアシェルフ付きのパントリータイプであれば、扉部分にも保存食などを収納できて嬉しい限り。下キャビネットには鍋や調理道具をたっぷり仕舞って、右側には炊飯器を。料理がぐんとはかどりそうです。

***

以上のように、AYANOにはさまざまな幅の食器棚をご用意しています。
80㎝、100㎝、120㎝幅だけでなく、たとえばCXシリーズの場合、ユニットは40cm〜100cm幅まであり、実に10cm刻みで展開しているのです。

組み合わせは自在なので、好みの横幅の食器棚に完成させることが可能。空間にフィットする、無駄なく美しいコーディネートが実現します。
さらに、そのほかのシリーズも含め、家電置き場をどうするか、ゴミ箱の配置は?カウンターの高さは?などなど、多様なケースを解決できるのもAYANOの特長です。納得いく横幅を検討できます。

COLUMN一覧へ戻る