使いやすい食器棚の選び方やポイントを徹底解説

使いやすい食器棚の選び方やポイントを徹底解説 サムネイル画像

食器棚は、キッチンの機能性と統一感を左右する重要な家具の一つです。
選定にあたってはデザインだけでなく、収納力や使い勝手といった様々なポイントを考慮しましょう。

本記事では、使いやすい食器棚を選ぶための基準やカスタマイズの重要性について詳しく解説します。

綾野製作所では、シミュレーションシステムをご用意しております。
ご自身の好みに合わせて最適に食器棚の組み合わせをシミュレーションできます。

是非、ご活用ください。

新しい食器棚の購入を検討している方やキッチンのリフォームを計画している方はぜひ参考にしてください。

食器棚を選ぶ際に参考にすべきポイントとは?

syokkidanaerabikata_02

ここでは、食器棚をどのようして選ぶとよいのかポイントを解説します。
使いやすい食器棚は、キッチンの作業効率を大幅に向上させ日々の暮らしを豊かにします

 

食器棚の耐久性をチェックしよう


食器棚の材質と構造は寿命に大きく影響します。食器棚に使われる材質の特徴を下記にまとめました。

  • 木材:天然木は高級感があり、耐久性も高いものの、湿気に弱いので注意しましょう。
  • セラミック:傷や割れに強く高温にも耐えられる耐久性と耐熱性を持ち、汚れが付きにくいです。
  • メラミン:耐久性と耐水性に優れ、手入れが簡単でコストパフォーマンスが高いです。また、カラーバリエーションが豊富です。 
  • 人工大理石:美しい外観と高い耐久性、メンテナンスの容易さなど様々なメリットがあります。また、色や柄のバリエーションが多いのも特徴です。
  • オレフィンシート:表面の意匠性の高さに加え、耐汚染性、耐久性、耐候性に優れた化粧材です。 
  • ハイグロスシート:美しい光沢と高い耐久性が大きな魅力です。また、表面が滑らかで非多孔性のため、汚れが付きにくく、簡単に拭き取ることができます。ツルツルとした質感で高級感のある雰囲気を醸し出してくれます。

また、材質の他にも食器棚の構造部分も耐久性に大きな影響を与えます。

特に、頻繁に開閉する扉や引出しの部分は、強度を重要視しましょう。
綾野製作所では、最高峰の品質を誇るドイツ・ヘティヒ社の引出しシステムを採用しております。
ものを満載しても耐えられる耐荷重性能に加え、なめらかな走行性能を備えています。

さらに、棚板の厚みも耐久性に関係します。
弊社では、厚さ2cmの分厚い板材を採用し、家具全体の強度を高めています。
さらに、長く安心してご使用いただける家具をつくるために、3年保証を設けております。
安心して長く食器棚をご活用いただけます。

食器棚のサイズと収納能力を確認しよう

食器棚は、家庭の人数やキッチンの空間に合わせてサイズを選びましょう。
例えば、大家族であれば大容量の収納が必要です。しかし、コンパクトなキッチンであれば、省スペースのモデルが適しています。

また、高さや奥行きが手の届きやすい範囲にあるかも確認しましょう。
頻繁に使う食器がすぐに取り出せる位置にあれば、日常の作業がスムーズになります。
特に、上部の棚が高すぎた場合、使用しにくくなるため、自分の身長に合った高さの棚を選ぶことが大切です。

綾野製作所では、無料のオンライン相談を行っております。
経験豊富なスタッフが、お客様の身長やライフスタイルをヒアリングし、最適な食器棚選びをサポートします。
是非、ご活用くださいませ。


機能性を意識しよう

食器棚の機能性をチェックする場合は、次のような項目を意識しましょう。

  • 可動棚を活用することでスペースを無駄なく活用できます。また、高さの違う食器も収納しやすくなります。
  • 地震が起こった際に、食器棚の中身が飛び出ないように耐震ラッチが付いているか確認しましょう。
  • 引き戸にソフトクローズが使われているか確認しましょう。ゆっくり引き戸が閉まるため、手を挟んだりする心配がなくなります。

自分のライフスタイルや使用する食器、キッチンのレイアウトなどに合わせて食器棚を選定しましょう。

食器棚の機能性やカスタマイズの柔軟さを意識しよう

syokkidanaerabikata_03

ここでは、食器棚の機能性とカスタマイズ性に焦点を当て、選定時に考慮すべきポイントを解説します。

 

頻繁に使用するアイテムを容易に取り出せる設計になっているか確認しよう

食器棚を選ぶ際は、頻繁に使用するアイテムをすぐに取り出せる設計になっているか確認しましょう。
引き出しや可動棚を活用することで、収納物の高さに応じて調整でき、収納スペースを効率的に活用できます。

また、食器棚の扉や引き出しの操作が軽やかであることも重要です。

ソフトクローズが採用されている食器棚を選択することで、収納物を傷つきにくく、食器や鍋など、比較的重いものを収納しても開け閉めがスムーズにできます。

食器棚の用途や機能を確認しよう

多彩なアイテムの中からお客様の好みや用途、空間に合わせた食器棚を選択できる「ユニット式食器棚」を選択することで、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

綾野製作所では、シミュレーションシステムをご用意しております。
100万種類を超えるユニットアイテムからお好みの組み合わせを選択することができます。
是非、ご活用くださいませ。


使いやすい食器棚のポイントとは

syokkidanaerabikata_04

食器棚はキッチンでの作業効率と快適さを大きく左右させます。

例えば、引出しの高さには多くのバリエーションがあります。

ハイカウンタータイプの3段引出し(天板高さ96cm)は、さまざまなアイテムを豊富に収納できます。ペットボトルなどの背丈の高いものから、平皿などの幅の広いものまで、たっぷり収められます。

現在だけでなく、将来のライフスタイルを見据え、食器棚を選択しましょう。
ここでは、将来のライフスタイルの変化にも対応できる食器棚を選ぶ方法を解説します。

食器棚の機能性を確認しよう

多機能を備えた食器棚は、キッチンの使い勝手を大きく向上させます。例えば、収納物の高さに合わせて調節可能な棚板、調理器具や小物を整理しやすくする引き出し用仕切り板は、キッチンの作業効率を大きく向上させます。

収納ニーズの変化に、柔軟に対応できる食器棚を選択しましょう。

メンテナンスがしやすいか確認しよう

食器棚を長持ちさせるためには、メンテナンスがしやすい素材を選びましょう。
メラミンやセラミックは、比較的メンテナンスがしやすいです。

また、棚板や引き出しが簡単に取り外しできる食器棚では、掃除が簡単になります。
日頃のお手入れ方法については、下記記事をご参照ください。


まとめ

食器棚を選ぶ際には耐久性や使い勝手、メンテナンスの容易さを重視しましょう。

食器棚は、一生のうちに何度も買うものではありません。
だからこそ、品質、機能性、そしてデザインに至るまで細部にこだわりましょう。

綾野製作所では、無料のオンライン相談を行っております。
経験豊富なスタッフが、お客様の身長やライフスタイルをヒアリングし、最適な食器棚選びをサポートします。
是非、ご活用くださいませ。

本記事を参考に、自分に合った使いやすい食器棚を選定しましょう。

 

COLUMN一覧へ戻る