トップページ > 長く使える家具づくり > ハメ込み式の背板
ハメ込み式の背板

ハメ込み式の背板

箱物家具の裏側の板、背板(せいた)は家具の強度を高め、歪みの防止になります。
背板の取り付け方には、大きく分けて「ベタ打ち」と「ハメ込み」の二つのやり方がありますが、
AYANOでは「ハメ込み」式の工法で背板を取り付けています。
手間はかかりますが、美しく、丈夫な家具を作る上でとても重要なポイントです。

※「ベタ打ち」とは、箱や枠の外側からクギやビスで板を直接打ちつける方法。
※「ハメ込み」とは、側板の内側に溝を彫り、そこに板を差し込んで固定する方法。

長く使うものだからこそ構造にこだわっています。

板材の厚み
板材の厚み
本体の強度を高める

芯材を多く使用した板材
芯材を多く使用した板材
反りに強く強度を高める

アルミハイグロスシート貼台輪
アルミハイグロスシート貼台輪
汚れに強く、見た目にも美しい