トップページ > 長く使える家具づくり > 芯材を多く使用した板材
芯材を多く使用した板材

芯材を多く使用した板材

主に家具の側面に用いられている板材は、フラッシュ構造で作られています。
このフラッシュ構造とは、芯材を化粧板でサンドイッチしたものですが、
無垢板に比べて反りや狂いが生じにくいのが特徴です。
木材の性質や状態に目を配りながら製作を行わなければいけないので、
職人の技術と経験が必要なうえに手間のかかる構造とも言えます。
AYANOでは、芯材を多く使用することにより、強度の高い板材に仕上げています。

長く使うものだからこそ構造にこだわっています。

板材の厚み
板材の厚み
本体の強度を高める

アルミハイグロスシート貼台輪
アルミハイグロスシート貼台輪
汚れに強く、見た目にも美しい

ハメ込み式の背板
ハメ込み式の背板
キャビネットの強度を高める