AYANO CRAFT FURNITURE CATALOG_2017
314/320

SHシリーズのフラップ扉の調整方法について開閉時のバランスを調整することができます。◎フラップ扉を開いた際、扉が下がってくる場合は、ステーの調整穴をドライバーで右に回して 表示窓の数値を大きくしてください。◎フラップ扉を開いた際、扉が勢いよく上まで開いてしまう場合は、ステーの調整穴を ドライバーで左に回して、表示窓の数値を小さくしてください。※ドライバーで回すごとに扉を開閉し、確認しながら調整を行ってください。6※「1~6」の数値が表示窓に表示されています。 調整穴をドライバーで右に回すと数値が大きくなり、左に回すと数値が小さくなります。 数値が大きくなる程、ステーの力が強くなります。1~ステーを本体から取り外し、扉がついていない状態で絶対にアームを下に押さえないでください。アームが跳ね上がってけがをする恐れがあります。表示窓+-表示窓ステーの調整時、設定のある数値の範囲を超えてドライバーで調整穴を回しすぎると、ステーが破損する恐れがありますのでご注意ください。!調整穴フラップ扉の調整方法フラップ扉の荷重調整扉の前後調整方法扉の左右調整方法扉の上下調整方法調整可能範囲±2mm調整可能範囲±2mm調整可能範囲±2mm「前後調整ネジ」を回して調整します。ネジを緩めたり、締め戻したりする必要はありません。[上下調整ネジ]を回して扉の位置を調整します。[左右調整ネジ]を回して扉の位置を調整します。※ネジは扉のズレ防止のため固くなっています。 大きめのドライバーをご使用ください。本体扉前後調整ネジ本体扉上下調整ネジ本体扉左右調整ネジ309

元のページ  ../index.html#314

このブックを見る