AYANO CRAFT FURNITURE CATALOG_2017
155/320

FK/FNシリーズを組み合わせる際のルール[収納部・コンセント付き][下部扉・コンセント付きに対応可能]天井とのすき間を少なくしスッキリ見せる上置の高さ変更・フィラー天井に梁があっても設置ができる上置の梁カットローボードやカウンターとして使用できるオーダー天板スモークガラスをクリアガラスへガラスの色変更前板と同じ素材を側面につけて一体感を増すサイドパネル壁とのすき間を埋め、収納スペースも確保したサイドボックス壁とのすき間を埋めることができるサイドフィラー各カスタマイズ詳細についてはP208-224どんなシーンにも対応できる柔軟なカスタマイズ性。※写真は[上置の高さ変更]を施したものです。天井との隙間を減らせます壁との隙間を埋めて収納スペースとしても使える。壁とのちょっとした隙間を埋めることができ、下部扉を設けることで壁にあるコンセントも活かせる。①上キャビネットと下キャビネットの幅を合わせる。②上キャビネットと下キャビネットの総高を合わせる。壁面収納として使う場合①上キャビネットと下キャビネットの幅を合わせる。②上キャビネットを設置しない場合はカウンター天板を設置。壁面収納以外として使う場合①上キャビネットと下キャビネットと幅を合わせる。②複数のアイテムをまたがない。天板あり天板なし組み合わせの際の注意点上置を設置する際の注意点!!TB品番を選ぶ際、下キャビネットはLB品番のみ選択できます。TB+LB品番のセットのみの組み合わせでオプションのTV壁掛け金具(TB-55S)を使用する際は前倒れを防ぐために以下のいずれかの点をお守りください。※天井とのすき間を20mmあけて設定してください。※上置の2段重ねはできません。上置・フィラーを設置転倒防止補助金具を設置●オプションの「転倒防止補助金具」で壁と家具を固定することをおすすめします。※お客様自身での取り付けとなります、詳しくはP161をご覧ください。●天井近くまでフィラーを設置する事をおすすめします。※フィラーはカスタマイズでの対応となります、詳しくはP211をご覧ください。●天井近くまで上置を設置する事をおすすめします。※上置の「耐震アジャスター」によって天井と家具本体の隙間を埋めて固定することができます。 アジャスターはお客様にて調整していただきます。150FEATUREPLANNINGKITCHENLIVINGOPTIONCUSTOMIZEDRAWINGINFORMATION

元のページ  ../index.html#155

このブックを見る